BLOG

マイハウスの日常

長く住み続けられる家。

2010.08.24 子育てや生活のことなど

こんにちは。
夏バテしていたわけではないのですが、
久しぶりのブログになってしまいました:ase:
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のメルマガで
「住宅を長持ちさせる意義とは?」というテーマがありました。
…というとなんだか難しそうな感じですが、
一生の中で家より高いお買いものをする人はそうそういないですよね。
それなのに、長い長い住宅ローンが終わるころには
建て替えたほうが良さそうな家が多い日本の住宅。。。:[]
どうしてでしょう?
建てては壊し、建てては壊し…これでは環境にも良くありません:home:
テレビなどで外国の町並をみていると
2世代、3世代に渡って大切に住み続けている家があって
かっこいいなあ~と思いませんか?
日本の住宅の平均寿命は、約30年。
アメリカだと、55年。
イギリスに至ってはなんと77年なのだそうです8-|
せっかく家を建てるなら、
子どもたちが大きくなったときに
「こんな古い家いらないよー」と言われるよりも、
「この家、私が住んでもいい?:-D」と言われるような
家を建てて残してあげたいですよね。
ただこれは、
「いかに高級な家を建てるか」ではなく
「いかに上手にメンテナンスをしていくか」がカギです。
どんなに高級な家を建てても、建てたあとほったらかしでは意味がありません:*o*:
このブログでも、これから少しずつお伝えできたらなと思います:home:
住宅金融支援機構「住宅を長持ちさせる意義とは?」
http://www.jhf.go.jp/jumap/tec/chouki/meaning.html